暘谷苑11のサービス

SERVICE 01

特別養護老人ホーム 暘谷苑

ユニットケアでめざしているのは、生活を楽しめる介護です。

暘谷苑の特徴の一つが『ユニットケア』と呼ばれる介護の方法を取り入れていることです。これは、いくつかのグループをそれぞれ大きな家族と考え、できるだけ在宅に近い環境の中で手厚い介護を行おうというもの。各ユニットの中心には、まるで家庭そのままのリビングとキッチンが置かれ、その周囲には利用者の居室が並んでいます。こうした環境だからこそ、利用者の方々同士やスタッフとのあたたかい交流と個人の生活リズムとが両立するのです。食事は決して栄養を補給するだけのものではなく、また入浴も身体を清潔にすることだけが目的ではありません。暘谷苑ではユニットケアを通して生活を楽しめるケアをめざしています。

スタッフ紹介

ユニットリーダー

手嶋 舞

利用者の方々ともっとも長い時間を過ごすケアワーカーのリーダーが、日々の仕事の中で大切に思っていることを語ってくれました。

看護リーダー

田浦 清香

暘谷苑では専任看護師を配置し利用者の健康管理に細かく目を配っています。そんな看護スタッフの一人が思い出に残る出来事を語ってくれました。

暘谷苑8つのサポート

生活のサポート
食事や入浴など暮らし全般にわたるお手伝いを、専任のケアワーカーが行います。

健康管理のサポート
嘱託医師や協力医師、また看護師が利用者の健康をしっかりと見守っています。

栄養管理のサポート
管理栄養士が利用者お一人お一人にあった計画を立て、楽しい雰囲気の中で食事ができる環境も整えています。

リハビリのサポート
理学療法士の専門的な指導を行っています。また足裏を刺激して全身の血流やエネルギーの流れを活性化する『リフレクソロジー』も取り入れています。

笑顔のサポート
年間を通して季節を感じることのできる様々な行事を行っています。日々の生活の変化が、入所者の笑顔のヒミツです。

認知症のサポート
確かな知識と技術、そして真心を併せ持ったスタッフが、認知症の方に専門的な介護を行っています。

幸福な終末のサポート
ご本人にも、ご家族にとっても、おだやかで幸せな最後が迎えられるよう、スタッフの力と気持ちを込めたターミナルケアを行っています。

疑問や不安へのサポート
施設内では専門の知識を持った相談員が、様々なご相談に応じています。介護保険のこと、毎日の生活のことなど、何でもお気軽にご相談ください。

利用料金

介護保険に基づき、利用者からいただく利用料金(利用者負担金)は、下記の料金表に記載したとおりです。

●ユニット個室利用の場合(1ヵ月31日で計算/単位:円)※1割負担の場合

介護度 サービス費 居住 食費 機能訓練加算 栄養マネジメント加算 口腔機能維持管理体制加算 口腔機能維持管理加算 看護体制加算Ⅰ 看護体制加算Ⅱ 夜勤職員配置加算Ⅲ 日常生活継続支援加算 合計
介護度1 19,716 61,070 42,780 372 434 30 90 124 248 651 1,426 126,941
介護度2 21,793 129,018
介護度3 24,056 131,281
介護度4 26,133 133,358
介護度5 28,210 135,435

※2割負担の場合、居住と食費以外の利用料金が2倍になります。

●特定入所者支援サービス費(1日あたり 単位:円)

ユニット個室
(1日あたり)
対象者 区分 滞在費 食費
生活保護受給者 利用者負担
第1段階
820 300
世帯全員が
市町村民税非課税
老齢福祉年金受給者
課税年金収入額と合計所得金額の
合計が80万円以下の方
利用者負担
第2段階
820 390
利用者負担第2段階以外の方
(課税年金収入が80万円超266万
円未満の方など)
利用者負担
第3段階
1,310 650
上記以外の方 利用者負担
第4段階
1,970 1,380

●介護保険負担軽減の制度(負担軽減の対象者は居住費・食費が減額されます)もありますので、

 ご不明な点はお問い合わせ下さい。

●当事業所は、介護職員処遇改善加算(Ⅱ)を取得し、算定要件に沿ったサービスを提供しております。
そのため、基本サービス費に各種加算減算を加えた総単位数の6.0%を加算させて頂きます。
また当該加算は区分支給限度基準額の算定対象から除外させて頂きます。

●平成30年4月時点の料金です。詳しい料金は下記連絡先までお問い合わせください。

入所申し込みのご案内
【必要書類 】
●特別養護老人ホーム暘谷苑入居申込書
●介護保険証
●ご印鑑
●在宅サービスを利用されている方は、

 直近3ヶ月間のサービス利用票及びその別表(入所施設や病院等に入られている方は扶養)

【当施設に入居できる方 】
●介護保険の要介護認定を受けており、判定が要介護3から要介護5までの方
 ※新規入居の場合、要介護1又は2であっても各市町村が認めた特定の要件を満たす方であれば入居可
●居宅において継続して介護を受けることが困難な状態にあること
●常時介護を必要としていること

【その他 】
入居は、入所申込みの受付順ではありません。下記の事項等について様々な観点から検討し、入所判定会議において正式に決定した後、ご連絡差し上げます。
●要介護度
●認知症の程度
●介護者の有無
●在宅サービスの利用率
●個別の事情等
●緊急度

お問い合わせはこちらまで
TEL:0977-72-8336
mail:info@youkoku.or.jp